読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかい野菜園&中井農産

金沢市の山間部でチョット変わった野菜&お米を作っています

金沢いやさか米だより H27.11月

金沢いやさか米

f:id:P-NAS:20151204104725j:plain
 10月にはうるさいぐらいたくさん飛び回っていた赤とんぼもいつの間にか見かけなくなり、早朝は3℃まで冷え込む日も出てきました。すっかり晩秋です。

 先月末に全ての稲刈りが終わり、今月2日に全てのお米の籾摺り(玄米にすること)が完了し、5日に全ての玄米の検査が終了しました!・・・やっと27年度のお米の生産が一通り終わりました。もちろん、これからコンバインや脱穀機などの掃除や、来年の稲作のための準備などたくさん作業はありますが、一段階の区切りということでホッとしています。

今年の冬は、西日本→暖冬、北日本→平年通り、の予報が出ています。石川県は地理的にどっちつかずなので、北と西で正反対の予報が出ると、どっちなんだ!と思ってしまいます。
 しかも二俣町は山間部ですから、市街地よりも寒いです。なので、私は野菜を作っていますが、種袋の裏に書いてある目安では、春冬→冷涼地、夏秋→中間地、を参考にしています。損なのか得なのか分からない土地ですね・・・・

f:id:P-NAS:20151204104805p:plain
上はレタスの例です。真夏の収獲には向きません。冷涼地では春から夏まで種まきが出来ます。
二俣町は6月まで涼しい日があるので、私は3~5月まで種まきを試します。梅雨明けは暑くなるので、6~7月は種まきしません。こんな風に考えて試します。すごく面倒くさいです。