読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかい野菜園&中井農産

金沢市の山間部でチョット変わった野菜&お米を作っています

2011 夏野菜の収穫結果(キュウリ)

家庭菜園

新年度が始まりましたね。最近は北陸でも晴天の昼間は20℃近くに上がるまで暖かくなりましたが、曇天の日は10℃以下でまだまだ寒く、畑の準備を始める気がまだ起きません。ビニールハウスもまだ裸です。
去年、期間差で長く収穫出来るようにしたいと試みたキュウリ。1番目:夏すずみ、2番目:夏秋節成、3番目:黒さんご。品種に特にこだわりはなく、1と2番目はホームセンターにあった苗で、3番目は何となく選んだ種です。5/30に1番目を初めて収穫したとき、2番目は最初の実がついた頃、3番目はまだ本葉四枚の段階。それで収穫結果は以下のとおり。

夏すずみと夏秋節成の収穫ピークが重なっちゃいました。黒さんごは8月がピークになりましたね。1番目の実が着き始めた頃に2番目のキュウリの種を蒔くのがちょうど良いかなと思います。夏すずみはよく採れましたが、収穫量が上がるよう改良された品種で接木苗であったことが大きいと思います。接木苗は実生苗よりも丈夫で、連作障害に関係なく長く収穫出来ます。でもホームセンターなどでは一般的な売れ筋の品種しかないので、特定の品種を育てたければ自分で種を購入して育てるしかありません(自分で接木が出来る人は別)。
1番目と2番目の大体の間隔が分かりましたので、今年も時間差で種まきしてみたいと思います。