読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかい野菜園&中井農産

金沢市の山間部でチョット変わった野菜&お米を作っています

収穫した生姜の保存


約6kgの金時生姜。見事に赤いです。収穫したとき、見たこともない赤い生姜が出てきたのでビックリしましたよ。スーパーの生姜は白いですから。葉生姜の根元が赤いのは知っていましたけど。えー、この赤色は何だろう、失敗!?と調べて、金時生姜だと判明したときは安堵したものです。洗って1週間ほど乾燥させました。生姜は寒さと乾燥に弱く、保存が難しいです。冷蔵庫にそのまま入れておくとカピカピになってしまいますね。すり下ろして冷凍も良いけど、香りがなくなっちゃうのよね。生姜の1/3はそのまま義母へあげ、1/3はそのままの形で保存、1/3は煮込み・漬け物系の保存食にしました。

左から、甘酢漬け×2、ジャム×3、シロップ漬け×2、焼酎漬け×2。

  • 甘酢漬け

いわゆるガリ。皮付きのままスライスした生姜500gを軽くゆがく。酢380ccに砂糖160gを入れて煮る。瓶にゆがいた生姜と甘酢を熱いうちに移す。大生姜と違い、ややくすんだピンク〜赤色に染まります。そのままで食べたり、カレーライス等の薬味として食べたりしています。

  • ジャム

ある程度皮を剥いてスライスした生姜500gを軽く湯がいた後、フードプロセッサーにかける。鍋に移し、レモン果汁150ccと砂糖450gを加え、好みの硬さになるまで煮詰める。コアントロー大3を加え、ひと混ぜしたら熱いままビンに移す。出来上がりはドロッとした感じになります。これまたピンク色になります。砂糖を多めに入れていますが、それでも結構辛いです。紅茶に入れて飲んだり、ジンジャーケーキ等のお菓子作りに利用したりしています。

  • シロップ漬け

ある程度皮を剥いてスライスした生姜1kgを軽く湯がいた後、フードプロセッサーにかける。鍋にレモン果汁530cc、ハチミツ160g、砂糖600g、水500ccを入れて火にかけ、溶けたら生姜を加えて20〜30分煮込む。熱いうちに瓶に移す。水が入っているのでジャムと違ってサラッとしています。またハチミツの影響か、黄色っぽくなり、ジャムより甘いです。茶漉しで濾すとシロップになります。生姜焼きなどの料理に使ったり、シロップをサイダーやソーダ水で割って飲んだりしています(ジンジャーエール)。ちなみにそこにカシスリキュールを加えるとカシス・ジンジャーというカクテルに。

  • 焼酎漬け

そのままの形で料理に使えるように。写真の左側の瓶には近所から頂いた大生姜も入れています。右後方の瓶は全て金時生姜。形や大きさが違いますね。皮付きのまま適当な大きさにカットし、そこに出来るだけアルコール度の高い蒸留酒(焼酎、ウォッカ、ホワイトリカーなど)をドボドボ入れるだけです。カットした面から生姜の繊維が少しずつ取れていくので時間が経つと濁りますが、生姜は大丈夫です。アルコールの香りは料理中に飛ぶので気になりません。