読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかい野菜園&中井農産

金沢市の山間部でチョット変わった野菜&お米を作っています

カレラ マウント・ハーラン・キュヴェ ピノ・ノワール

お酒


CALERA 2006 Mt. Harlan Cuvee Pinot Noir
購入店:やまや
購入価格:2,980円
輸入業者:コルドンヴェール
『カリフォルニアのロマネ・コンティ』と称えられているカレラ・ワイナリーのワイン。ただし、本当の『カリフォルニァなんちゃら』はカレラの最上級ワイン"ジェンセン"で、楽天市場での最安価格は12,570円なり。マウント・ハーランにはジェンセンが8%分しか入っていないので、ロマネ・コンティの片鱗も感じるのはきびしーですね(スペックはジェンセン8%、ミルズ42%、リード3%、他の若いワイン47%)。去年のdancyuが選ぶピノ・ノワール大賞にも選ばれたようです。ま、そんなことは露知らず買いましたが。
同じ値段で購入したドミニク・ローラン氏のワインと同時に抜栓(カレラの方はガラス栓でした)。カレラは直後からフワーッと、とても華やかで熟したフルーツの香りが広がりました。飲んでみても香りと同じで濃ーい!甘ーい!(ローラン氏のワインと比べて) 渋さや苦さはほとんど感じられなく、熟したボルドーワインのようです。ブルゴーニュのワインにあるピノ・ノワールの酸味もあまり感じません。ツマミとの相性では、ローラン氏のワインではカマンベールなどのチーズが合い、カレラとは生ハムやビーフジャーキーが合いました。当にお国柄を象徴しているようです。
ローラン氏のワインと一緒に3日間かけて飲みましたが、どらちも衰えることを知らず。ただカレラは終始華やかなニュアンスがほとんど変わらなかったのに対して、ローラン氏のワインは3日間でどんどん開いていき、3日目にはカレラとほとんど変わらないニュアンスになっていました。抜栓仕立てを旦那に飲ませたら瞬時にこっちがカレラだろ、と言い当てましたが、3日目では逆で間違えてましたしね。それが面白かったな。